VRLite

シンプルな機能、カンタンな操作

  •  簡単操作
    • 必要最低限の機能のみを実装しているので、短時間で操作方法を習得できます。
  • 直感的に3Dデータを把握
    • 専門家や設計者以外でも直感的に形状を把握できます。
 
VRLは3D データを手軽にVRで表示します。初めてVRを導入するユーザや、手軽に3DデータをVR空間に表示してみたいユーザに適しています。

モノ作りは設計から最終的な製造までに何度も設計レビューをしなければなりませんが、VRLiteを活用することでモックアップ製作回数を減らし課題や問題点発見を多角的に行えるデザインレビューを実現します。

VRLiteはダイナミック(動的)に3DCADデータをVR空間に表示できます。

写真や図面だけでは解らない形状や大きさもVRLiteを用いるわかりやすく提示できるので、設計レビュー前に部内・社内でVRLiteを使った簡単なレビューの実施や設計途中での確認作業が行えます。

設計途中に3Dで確認することで手戻りを少なくし、プロトタイプの製作コスト削減にもなります。

【操作方法】

3Dデータを選択するだけの簡単操作!

  1. VRLiteを起動させます。
  2. メニューから読み込む3Dデータファイルを選択しします。
  3. VR空間に3Dデータが表示されます。

VR空間に表示された3Dデータを把持して動かし、マーカー(注釈)を付けてVR空間のスクリーンショットを撮影します。

【仕様】

読み込める3Dデータのフォーマット
FBX, OBJ, GLTF2, STL, PLY, 3M

オプションでInventorやSolidworks、CATIA等のフォーマットのロードも可能になります。詳しくはこちらからお問い合わせください。

稼働条件 (Version2.0)
HMD :Oculus Quest2
PC :  Windows10 64bit
インターネット接続
 
【構成例】
Oculus Quest2の場合
    • CPU:Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
    • グラフィックスボード:NVIDIA GEFORCE GTX 1070/ AMD400シリーズ以上
    • USB 3.0ポートx1

基本的にはPCに関してはユーザ様でご準備いただく必要がありますが、VRLite推奨モデルもございます。

 

 【価格】

こちらからお問い合わせください。
 

VRLiteは下記ボタンからダウンロード出来ます。

まずはダウンロードしてご要望にお答えできるかお試しください。

実行できる時間に制限ありますが、サブスクリプションが未登録の場合でもフル機能をデモモードとして実行出来ます(何回でも実行出来ます)。

サブスクリプションの登録はVRLiteのユーザーページから行えます。