VRLite

シンプルな機能、カンタンな操作

VRLiteはVRの基本的な操作のみを実装し、はじめてのVRに適したソリューションです。

  •  簡単操作
    • 必要最低限の機能のみを実装しているので、短時間で操作方法を習得できます。
  • 直感的に3Dデータを把握
    • 専門家や設計者以外でも直感的に形状を把握できます。
  • ローカルに3Dデータは必要ありません
    •  Webやメールに記載しているリンクをクリックするだけでVR空間に3Dデータを表示できます。
 
VRLは3D データを手軽にVRで表示します。初めてVRを導入するユーザや、手軽に3DデータをVR空間に表示してみたいユーザに適しています。
 

【利用シーン】

  • 実寸サイズ確認
    • モデリングソフトやCADで作成した3Dデータの形状をCADデータの単位系で表示。
  •  設計レビューの事前検証
    •  設計レビュー前に部内・社内でVRLiteを使った簡単なレビューを実施。
  • 連携作業
    • 先方に3Dデータをダウンロードさせること無くVRLiteを使って3Dデータを共有。
  • 会議やプレゼンテーション
    • Web会議アプリの共有機能を使ってVRLiteの画面の共有やプロジェクタに接続してミーティング。
  • デジタルカタログ
    • 写真や図面だけでは解らない現物もVRLiteを用いて3Dでわかりやすく提示。
  • レイアウト検証
    • 機器や装置の3Dデータを読み込んで自由にレイアウトの検証。

【操作方法】

3Dデータを選択するだけの簡単操作!

  1. VRLiteを起動させます。
  2. メニューから読み込む3Dデータファイルを選択しします。
  3. VR空間に3Dデータが表示されます。

VR空間に表示された3Dデータを把持して動かし、マーカー(注釈)を付けてVR空間のスクリーンショットを撮影します。

【仕様】

読み込める3Dデータのフォーマット
FBX, OBJ, GLTF2, STL, PLY, 3M

稼働条件 (Version2.0)
HMD :OpenXR対応デバイス
PC :  Windows10 64bit
 
【構成例】
 Oculus Rift S の場合
    • CPU:Intel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上
    • グラフィックスボード:NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上
    • USB 3.0ポートx1
    • DisplayPort互換ビデオ出力
Oculus Quest2の場合
    • CPU:Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
    • グラフィックスボード:NVIDIA GEFORCE GTX 1070/ AMD400シリーズ以上
    • USB 3.0ポートx1

Version2.0はOpenXR対応となるのでOculus以外でのHMDでご利用いただけます。

ご要望に合わせて各種カスタマイズ可能です。こちらからお気軽にお問い合わせください。

 【価格】
こちらからお問い合わせください。
 

販売パートナー募集!

VRLiteの販売にご興味がある方はこちらからお問い合わせください。担当者からご連絡させていただきます。
 
 

VRLiteは下記ボタンからダウンロード出来ます。

まずはダウンロードしてご要望にお答えできるかお試しください。

実行できる時間に制限ありますが、サブスクリプションが未登録の場合でもフル機能をデモモードとして実行出来ます(何回でも実行出来ます)。

サブスクリプションの登録はVRLiteのユーザーページから行えます。