XRLite Editor

デジタルツインで設備保全のDX

操作手順・機器情報を3D空間に記録・表示

XRLite Editorは、3DCADデータや3Dスキャナで取得したデータを簡単に読み込んで、デジタルツイン(Digital Twin)の環境を迅速に構築できます。3Dデータを有効に活用し、設備保全の作業手順、教育コンテンツ、保全記録などを容易に作成することができます。

作成したコンテンツ(プロジェクト)は、無償のVRLite Ver4で再生可能です。

導入メリット

背景・課題

  • 熟練工の退職や減少に伴い、技能の継承が必要
  • 設備の寿命が長くなり定期的な点検とメンテナンスが必要だが、点検整備のノウハウが特定の個人に依存
  • 複雑で読みづらいマニュアルから必要な情報を見つけ出すのが難しく、作業現場での理解が困難

導入効果

  • XRLite Editorを使用することで、経験のない作業でも作業者はXRLite Editorで作成したマニュアルを通じて確認しながら作業を行うことができ、作業負担が軽減
  • 知識や経験をXRLite Editorを介して形式化し、共有することで会社全体のスキル向上に貢献
  • 3Dデータのアニメーション表示により、指示が分かりやすく誤操作が減少

運用

XRLite Editorでプロジェクト(*.vrlファイル)を作成

3DデータとXRLiteEditorで作成したVRLファイルを同じフォルダに配置

VRLite ver4で再生

活用

遠隔地から状態を監視・管理

3Dデータに実世界のセンサーの値を重ねて表示し、設備の状態をリアルタイムに把握。

VRの視点から見るIoT:ARの枠を超越する新しい次元

作業手順書

3Dデータにステップごとに注釈を付与して作業の手順を的確にかつ効率的に伝達。

XRLiteEditorで3Dマニュアルを作成!研修や保全業務を効率化

トレーニング

実機がなくても3Dスキャンしたデータや3DCADデータに注釈をつけてわかりやすく提示。

XRLiteで作成したマニュアルと動画マニュアルの違い

作成ワークフロー

XRLiteEditorは3DCADデータもしくは3Dスキャンデータを読み込み、オブジェクトの移動・色変更・カメラ位置の移動による視点変更・注釈付与の編集を行ってシーンを作成し、そのシーンをまとめたプロジェクトを保存します。

保存したプロジェクト(*.valファイル)はVRLite ver.4で読み込み・実行ができます。

特徴

注釈付与

テキスト、画像、IoTデータの表示を行えます。

IoTやPLCのデータの表示も可能なのでオフィスから具体的なセンサー位置を把握しつつ確認できます。IoTのデータが実際にはどこの値か3D空間上で具体的に把握し、データと実物体のデータマッピングが可能になります。

色変更

注目してほしいオブジェクトの色を変更できます。また、透過も可能なのでカバーの中の機械を表示することもできます。

一般的にはSTLは色情報はありませんが、XRLite Editorで任意の色を設定できます。

視点移動とオブジェクトの移動

何処から何を見てほしいか参照する場所を登録できるので、ユーザはボタン一つで移動できます。

また、オブジェクトの移動も登録できるので簡単なアニメーションを作成しインタラクティブな3Dマニュアルを作成できます。

XRLite Editorの仕様

【主な機能】

  • 3Dデータの読み込み
  • 幾何変換(移動・回転)色変換の記録
    • 記録した幾何変換情報は他のCADアプリで利用できません。
  • 注釈付与
    • 画像、テキスト、IoT(WebAPI)データ
  • カメラ視線の記録・再生
  • 幾何変換、注釈を記録したプロジェクトの編集・保存・再生

【読み込める3Dデータのフォーマット】

FBX, OBJ, GLTF2, STL, PLY, 3M

  • 上記フォーマットに変換した3Dスキャンデータも読み込み可能

【稼働条件】

PC :  Windows10, Windows11 64bit

デモのご依頼や価格等については下記ボタンからお問い合わせください。