Collaborative Virtual Environment 協調VR環境

VRの特徴の一つは身体性

VRはHMDを装着して立体視が可能です。VRにおける立体視はVRの特徴の一つですが、もっと特徴づけられるのが身体性です。 VRの立体視は頭を動かして左右や上下、見たい方向を向けばその方向の空間が広がります。これはテレオ画…
続きを読む

設計業務におけるVR導入メリットは何をもたらすか

VR導入のメリットは様々なメディアで紹介されています。 日常的に設計業務に携わっており、機械設計や作業環境の設計を行っているユーザにンタビューを行ってVRの評価構造を評価グリッド法で明らかにしました。 ここで評価構造とは…
続きを読む

VRLiteデモ版の制限時間を無制限にしました

VRLiteのデモ版でQuest2を接続しないデスクトップモードでの利用制限時間をなくしました。いままで3分でしたがこれからは読み込みに時間のかかるデータの読み込みテストなどにもご利用いただけます。 Quest2を接続し…
続きを読む

QuestLinkのためのOculusアプリのセットアップ

VRLiteはWindows上で実行させて映像をQuest2に表示するPCVRアプリです。PCVRアプリを実行するためにはWindowsにOculusアプリをインストールしてQuestLinkが必要です。 ここではQue…
続きを読む

ポイントクラウドをVR Liteで表示

ポイントクラウド LiDERや3Dレーザスキャナで取得したポイントクラウド(点群データ)の利活用が進んでいます。 ポイントクラウドは、現場状況の取得や構造物の保守点検、建設物の診断など社会インフラ分野を中心に活用が広がっ…
続きを読む

設計レビュー、保守点検方法の確認や教育・技能継承にVRLiteを活用してイメージを共有

3D CADデータや点群データをVR空間に表示し図面だけでは判らない課題を発見 設計レビューでは仕様の不備や誤りを早期に発見して手戻りの削減を図り、かつ設計の最終的な品質を高めるために実施されます。   熟練者同士ならば…
続きを読む

VRLite オンラインセミナー開催のお知らせ

この度アプライド様からVRLite推奨モデルのPCをリリースしていただくことになりました。それに伴いアプライド様主催のオンラインセミナーにて登壇させて頂く機会を頂く事になりました。 是非とも下記リンクからご参加ください。…
続きを読む

なぜマニュアルを読まないのか

自分もそうですが、マニュアルをあまり読みません。とりあえず操作して試行錯誤した後にマニュアルを読みます。マニュアルを読まないで動くと「使いやすいなぁ」、マニュアルを読まないと動かなかった場合は「使いにくいなぁ」って思いま…
続きを読む

秘匿性を保ちながらVR空間でCADデータを共有​

「図管王」とVRLiteを連携させてスマートにCADデータをVR表示 VRでCADデータを表示する際に「あれ表示して」「それ表示して」と言われてもファイルの所在がわからない、どのバージョンかわからない、といった問題が発生…
続きを読む

ARを活用したマニュアルを導入しなければならない理由

近年、製造業は目を見張る勢いで進化しています。自動化が進み、IoTセンサを活用しリアルタイムで情報をモニタリングし、少量多品種の製造が当たり前になってきています。 しかし、進化していないものがあります。技術文書…
続きを読む