Virtual Design Review

VRを活用した設計レビューで試作工程と開発コストを大幅削減

3次元CADデータを利活用し、モノづくりでのコミュニケーションを支援

ものづくりの分野では実際にモノを作ったあとから「こうすればよかった」「ここは違う」となることが少なくありません。そこで、VR空間で実寸サイズで3次元CADデータを表示して設計レビューを複数人で行うことで、作業効率のアップとスピーディな意思疎通を実現できます。

バーチャルデザインレビューの特長

データ変換不要!CADから直接VR表示し設計レビューが変わる

既存のVR設計レビューシステムに比べ、簡単・低コストで導入しやすく、3DCADデータを変換せずバーチャルリアリティ(VR)空間で再現できるため、場所の離れた複数メンバーでレビューを実現します。

CADデータを手軽にVR空間に投影

CATIAやSolidworksなどOpenGLを用いて描画する主要なCADのデータを変換なしでVR空間に投影できます。

CADデータを手軽にVR空間に投影

CATIAやSolidworksなどOpenGLを用いて描画する主要なCADのデータを変換なしでVR空間に投影できます。

モックアップの制作費を削減

実寸サイズで表示しモックアップの制作費を抑えることができます。もちろん船舶や航空機を小さく表示したり微小な装置の拡大表示など自由な大きさで表示して様々な方向から視認できます。

設計・検証から保守や教育まで様々な工程で”使える”VR/ARを提案させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。
VR/ARの導入で様々な効果が期待されます。

ユーザインタフェース

注釈付与や工具の干渉チェック、長さの計測やWebブラウザの画面を表示させるなど様々な機能が充実

バーチャルデザインレビュー システム構成

バーチャルデザインレビューは、VDRマネージャー、VDRプレーヤー、キャプチャーモジュールで構成されています。

キャプチャモジュールは、GLリプレイスメント技術を用いて3次元CADアプリがディスプレイに描画する情報を取得しVDRマネージャに送信します。VDRマネージャーはキャプチャマモジュールが取得した描画情報を各VDRプレーヤに転送し、VDRプレーヤーでVRアプリとしてCADデータを3次元表示します。 VDRプレーヤーがインストールされたPCにはHMDを接続し、ユーザはVR空間でCADデータを見ることができます。

  • キャプチャーモジュール
    • CADの形状をキャプチャし、VDRマネージャに送信します。CADライセンスが入っている任意のPCに何台でもインストールできます。
  •  VDRマネージャー
    • VDRのライセンス管理を行うために特定のPCにインストールします。CAD用PCとPlayerはLANでつながっている必要があります。
  • VDRプレーヤー
    • HTC VIVEなどHMDを接続するPCにインストールします。同時アクセス数はVDRマネージャーで管理されます。

※ 3次元CADアプリがインストールされているPCにVDRマネージャー、VDRプレーヤー、キャプチャーモジュール全てをインストールし、最小構成でシステムを構築することも可能です。

※ VDRプレーヤーは複数台接続することが可能です(オプション)

仕様

主な機能(一部抜粋)
  • 協調作業支援機能
  • 接触判定機能
  • 音声・文字・マーカーによるスマート付箋機能
  • 付与した付箋の保存・読み込み
  • 2点間の距離計測
  • 拡大、縮小、回転、移動などの幾何変換
  • 図面やマニュアル等のPDFの表示
  • PCのデスクトップ画面の表示
  • 複数のCADアプリに表示しているCADデータをVR空間で統合
対応CADソフト(一部抜粋)
  • CATIA V5
  • SOLIDWORKS
  • Pro/ENGINEER
  • XVL Studio/XVL Player
  • NX
  • VPS
  • Navisworks
  • IRONCAD
  • ARCHICAD
  • iCAD
  • 3ds Max
  • VridgeR
  • Creo/CreoView
  • Maya

※その他の多数のCADソフトやファイルフォーマット(.obj、.fbx、.stlなど)に対応

設計・検証から保守や教育まで様々な工程で”使える”VR/ARを提案させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。